よくある質問

お客さまから寄せられた質問を掲載しております。

住宅購入時の質問

自己資金はどれくらい用意すればよいでしょうか?
一般的に住宅ローンは物件の価格の80%程度、いいかえると物件価格の20%くらいは用意しておくことが望ましいとされています。ただし、金融機関によっては100%のローンが利用できるものもありますので、まずはお気軽にご相談ください。
住宅購入にかかる諸経費は総額でどれくらいでしょうか?
まず項目としては、引越し代、登録免許代、ローン利用にともなう手数料、不動産取得の税金や保険料、さらに中古物件では仲介手数料もかかります。総額としては、一般的に売買代金の6%~9%ほどかかると思われます。
よい土地がありません。どうすればよいでしょうか?
土地だけではなく、一戸建ても含めて調べてみると情報量が格段に多くなります。建物については解体する必要があるため別途費用がかかりますが、それを差引いてもオトクな土地の情報が見つかることはよくあります。
夫婦で費用を折半して住宅を購入した場合、名義はどうなりますか?
ご夫婦それぞれが資金を出す場合は、共有名義にしなければなりません。でなければ、どちらか一方の名義の場合「贈与税」の対象となってしまいます。
中古住宅のリフォーム代は、売主と買主のどちらの負担でしょうか?
一般的には、中古住宅の売買はそのままの現状引き渡しが多く、リフォームは買主様の負担となります。買主様のお好みにあったリフォームをしていただける、とポジティブに捉える方も多くいらっしゃいます。
中古住宅は、売主が住んでいることが多いのでしょうか?
入居中の売り物件がほとんどです。もちろん、物件の情報を得ることも見学することもできます。すでに家具などが置かれている分、生活のイメージがしやすいところがポイントです。

住宅売却時の質問

売り出す前にリフォームした方がよいでしょうか?
買主様の好みもありますので、売主がリフォームするケースは少ないといえます。ただし、売り物件の汚れや傷みが目立つ場合には、補修工事をすることも考えられます。
住みながら売却することはできますか?
もちろん可能です。中古住宅の場合は、入居中に売却を行うのが一般的です。
売却の販売価格はどのようにして決まるのですか?
まずは担当者が参考査定価格を提案させていただきます。そのうえで販売価格は最終的に売主様に決めていただきます。参考価格とお客様のご希望価格が離れている場合には、ご要望をお聞かせいただき、それに近い売却計画をご提案いたします。
折込広告や住宅情報誌へ掲載してもらう場合、広告費を負担する必要はありますか?
広告にかかる費用はすべて弊社が負担いたします。お客様にご負担いただくことはありませんのでご安心ください。
売却代金はいつごろもらえますか?
売却代金は、一般的に契約時と引渡し時の2回に分けて支払われます。その内訳としては、ご契約時に全体の5~10%ほど、引渡し時に残りの代金となります。
自宅の売却資金を、買いかえ先に回すことはできますか?
ご自宅の売却資金を受け取るには、ご自宅を買主様にお引き渡ししてからとなります。つまり、買いかえ先に引っ越してからになります。このような場合は、買いかえつなぎの融資のご利用が考えられます。